HOME 会社案内 環境への取り組み
環境への取り組み
カギの内側には、守るべき大切なものがあります。それは財産であり、思い出の品物であり、尊い生命であったりします。一人ひとりのセキュリティーを確実に守る、カギ…。
ダイワロックスの最新技術は、絶えず進化し複雑で目まぐるしく変わる社会の中でも、
侵入を頑として拒み続けます。その究極の構造は、堅牢で美しいフォルムを生み出します。
ダイワロックス…。
私たちは果てしなき「創造への挑戦」を続けています。

株式会社ダイワロックスは、地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであることを全社員が認識し、環境方針を定め、環境にやさしい企業の構築を目指し努力しています。

「私たちは、地球環境にやさしい製品を提供する。」を基本理念とし、以下に取り組みます。
  1. 当社の企業活動に関わる環境側面を常に認識し、環境への影響を少なくすることを心がけ、環境マネジメントシステムの継続的改善を計る。
  2. 当社の企業活動に係わる、環境関連法規、及びその他の要求事項を順守する。
  3. 当社の著しい環境側面のうち、 以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組む。

    a) 法規制の順守
    b) 有害物質の排除 (化学物質・金属材料)
    c) 廃棄物の削減、及びリサイクル化
    d) 環境配慮型製品の開発・設計
    e) 整理・整頓・清掃・清潔・躾

  4. 環境意識向上のため、環境方針を全従業員、及び当社のために働くすべての人に周知するとともに、環境に関する教育訓練、啓発活動に努める。
  5. 環境方針は、一般の人が入手できるようホームページ等により広く開示する。
JSA JAB

2008年6月2日
株式会社 ダイワロックス
代表取締役 大島 和雄

当社の業務を通じて環境に影響のある側面を抽出しました。
特に著しく影響があると思われるものを「著しい環境側面」として登録したものは次の通りです。

著しい環境側面

著しい環境側面 環境影響 登録理由 関連部署 取り組み
電気の使用
天然資源の枯渇
投入環境影響評価1位
全工程
管理
コンプレッサーの使用
騒音、振動の発生
投入環境影響評価2位
加工課、組立課
管理
紙の使用
天然資源の枯渇、廃棄物増加
投入環境影響評価3位
全工程
管理
可燃物の廃棄
天然資源の枯渇、大気汚染、廃棄物増加、地球温暖化など
排出環境影響評価1位
全工程
目的・目標
排水
水質汚濁
排出環境影響評価2位
全工程
管理
廃プラスチック
天然資源の枯渇、大気汚染、廃棄物増加、地球温暖化など
排出影響評価3位
全工程
目的・目標
製品
廃棄時の有害性、廃棄物増加
環境配慮型製品の拡大
開発課
資材課
製造部
目的・目標

2017年度 環境目的・目標一覧(概略)

2017年10月更新

環境目的 担当部署 2017年度目標
可燃物(一般廃棄物)の削減・維持(前年度実績)
全部署
0.5%の削減
廃プラスチック(産業廃棄物)の削減・維持(前年度実績)
全部署
0.5%の削減
環境配慮型製品の拡大
開発課
資材課
製造部
EU指令適応製品の維持

2016年度 環境目的・目標に対しての達成状況(概略)

2017年10月更新

環境目的 担当部署 2016年度目標 結果
可燃物(一般廃棄物)の削減・維持(2015年度基準)
全部署
2015年度を基準し、0.5%削減
+3.7%
廃プラスチック(産業廃棄物)の削減・維持
(2015年度基準)
全部署
2015年度を基準し、0.5%削減
-50%
環境配慮型製品拡大
開発課
資材課
製造部
切り替え98%以上維持
維持
Youtubeチャンネル 公式キャラクター紹介
メールでのお問い合わせ